ブログネタ
奇妙な物語自作連載 に参加中!
imposingdoor


高校生のときの話だ。

その日はいつもと変わらない日常の一コマのはずだった。
確か4限目の現国の授業だ。

担当の教師がおらず自習となった。
もちろん自習とは名ばかりの空き時間。
その頃の高校生なんて食欲魔神だ。
既に持参した弁当はたいらげている。

次の昼休みには食堂へ行って、からあげうどんを注文する気でまんまんだ。
だから、授業が終わるのをいまかいまかと待ちながら雑談に耽っていた。

そんなときである。
ふ、と前の席に座っている前畑さん(仮名)が振り返った。

「ねぇいま何時? 時計壊れちゃってわかんないんだよね」

教室の時計は修理中だ。
で、雑談していた連中が腕時計を見て、教えてあげる。

「いまは12時10分だよ」
「そかそか。ありがと」

授業の終わりが12時25分である。
あと15分で飯にありつける。
まぁ他の教室との兼ね合いもあるが5分前に教室をでることができればいい。
食堂にはいちばんのりできる。

ということは。
あと、10分か。

そう思いながらまた雑談に戻っていく。

しばらくして前畑さんが振り返った。

「そろそろ授業も終わるかな?」

そうだな。
そんな時間だろうと時計を見た。

「?」
時計の針は12時5分をさしていた。
その場にいた全員が?となった。
前畑さんもである。

「さっき12時10分だったよね?」
「ああ」
「おれも確認した」
「おれもだ」
「うん。12時10分だった」

「どういうこと?」

まさか全員の時計がいっせいに狂ったなんてことはありえない。
いや。ありえるかもしれないがカニが前に進むくらいありえないはずだ。

なんとなく背スジが冷たくなる。

が。
気にしたところでどうにもならない。
もちろん。
このまま時間がループするというのなら話は別だけど。

あれこれとこの不可思議な現象について話していると終業のチャイムが鳴った。

「しまった!」

学食には全員が出遅れた。

あれはいったいなんだったのか。
食欲魔神たちの頭からはそんなことすっぽり抜け落ちていた。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



実話です。
不思議と覚えているものですね。